ふーみんの思いつくままひとりごと

ご訪問頂きありがとうございます。庭いじりメインのお庭ブログです。時には我家のワンコも登場します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒花ヒキオコシの紅葉

今日で11月も終わり、明日からは もう師走です、、、。
我家でもボチボチ大掃除を始めようと思い、今日は放っておいた網戸を洗ってみました。

さて、
玄関先の黒花ヒキオコシですが、今はこんな感じに、、。
いつ切戻そうかと思いつつ放っておいたら、こんなにきれいな黄色に色づいてくれました~。


ほんとに まっ黄色です。


10/2の写真はこちら。


シソ科
ヤマハッカ属
学名 Plectranthus tnchocarpus
花期 8~10月
耐寒性多年草






スポンサーサイト

柏葉アジサイの植付け

一昨日、鉢植えの柏葉アジサイを庭に植え付けました。
本来は落葉後の休眠期が植え付けに適してるそうですが、鉢減らしを早々にしたくて少し早かったのですが植え付けてみました~。
狭い庭なので、先住者のヤブランとギボウシにお引越ししてもらい、ご覧のとおり白花シラン、フッキソウ、雪ヤナギ等 色々植わってる場所に植え付けました。現状は50㎝程度の丈ですが、剪定で1mちょっとの高さをキープするつもりで植え付けてみました~。予定通り上手くコントロールが出来ると良いのですが、、、。


実はこの柏葉アジサイ、母が以前庭いじりを頑張ってた頃、事情でそれが出来なくなった際に妹宅に預かって貰った株の脇芽を昨年我家に持ち帰ったものなんです。いずれ地植えにするつもりで、こうして鉢で育てていました。










オキザリス・バーシーカラー

今、オキザリスの花が良く咲いています。
我家の庭は、この時期にはめっきり日当たりが悪くなり、日当たりが良くないと咲いてくれないオキザリスは、こうして鉢で育てています。
このバーシーカラーは、蕾の時の縞々模様が特徴ですが、母が この縞々模様が気に入って育てているんです。地植えの場合はほったらかしで良いのでしょうが我家の場合は鉢なので葉っぱが枯れてきたら水を一旦切って、秋に芽が出始めてから水遣りを開始しています。


咲いてる花も横から見ると、こんな感じ。


カタバミ科
カタバミ属
花期12~4月
原産地 南アフリカ






11/27 秋の種まき日記

今日は、アンさんと藤色のアンさんに早めの誕生日祝いとして買って頂いた渋~い鉢に早速苗を植え込んでみました~。いかがでしょうか、、。



手前の変形鉢にはホルジューム・ユバツム(タータン麦)4株、
後ろの鉢には一旦庭に定植したものの場所が今いち気に入ってなかった観賞用麦を同じく4株 を植え込んでみました。
ホルジュームって雨に当たると直ぐ倒れたり、そして暑さも嫌うらしくて鉢管理の方が良いそうですが我家には今までピッタリの鉢が無く、どうしようかと悩んでたんです。今回こうしてピッタリお似合いの鉢を頂いたので、来年の6月頃には あのきれいなキラキラの穂をこの鉢植えで楽しめるかと思うとワクワクします。実は、今回の種まきの中では このホルジュームを一番楽しみにしてるんです。
●ホルジューム・ユバツム(タータン麦)
 9/9種まき
●観賞用麦
 9/22種まき。10/26に一旦定植。現在、草丈30㎝近く。



そして、今日は他にもいろいろ鉢に定植しました~。
あまりお似合いの鉢ではありませんが、ホルジュームは家にあったこの蘭鉢にも植込んでみました。



●宿根スイートピー
9/29種撒き分ですが、これも結構大きくなったので鉢に定植しました。
毎年スイートピーを植えてる場所は来春には たぶんモッコウバラに占拠されてそうなので、仕方無く今年は鉢植えです。大暴れするそうなので適当に剪定しつつ育てたいと思っています。


蔓用に家にあったこんな物を鉢に立ててみましたが、こんなので事足りるのか少し心配です。



最後に10/10撒きのその後の様子を ちらりとご紹介。
●タマクルマバソウ(アスペルラ・オリエンタリス)
本葉も沢山出てくれてますが、まだまだチビ苗です。買いなおした新しい種でも発芽率は悪かったのですが、一旦芽が出てくれさえすれば後は丈夫に育ってくれるそうです。


●ブプレウルム
ようやく、しっかりした苗になってきました。


まだ我家には他にも育苗中が沢山有って、庭の日当たりポイントを黒ポットが占拠している状態です。庭の定植場所は何処も冬の間は日当たりが今一なので、まずは黒ポットでしっかり苗を育ててからの定植が望ましく仕方がありません。お陰で我家の狭~い庭がなかなか片付かず安全通路もきちんと確保できない有様です(笑)。






庭の小菊

お隣さんから頂いた小菊。
今朝、初めての花を咲かせました~。夏に頂いた時に茎がヒョロヒョロしていたので、一旦地面から5㎝位にバッサリ切り戻した為に開花が随分と遅れてしまったようです。


こちらはアンさんに頂いた野菊。
随分前から可愛く咲いてくれています。晩秋で寂しくなった庭に、ちょこっと咲いてくれる小菊はなんとも言えない風情がありますね。








我家の紅葉狩り その②

紅だけでなく、我家の庭の草木の葉っぱも黄色く色づいています。

ジューンベリー。
残念ながら葉焼けがひどかった出来せいか、紅葉より先に葉っぱをほとんど落としてしまいました。今、残った葉っぱが黄色やオレンジに色づいています。下に見えるのはシランの葉っぱ。


日向ミズキ。


宮城野萩。


斑入り風知草。


ギボウシ達。


岩ヤツデ(別名 丹頂草)。
ほとんど落葉してしまい、残りは4枚になりました。








我家の紅葉狩り その①

今日はポカポカ陽気で庭しごとも大変はかどりました。
ところで我家のイロハモミジ、ようやく少し色付いてくれました。これから もっと紅くなってくれると期待しているところです・・・。




ついでに、我家の紅葉状況をちらりと・・・。
ハナミズキ。


柏葉あじさい。


先日購入した黄金シモツケ。
普通のシモツケはまだ緑色ですが、こちらは全体が真っ赤になってくれました~。


南天の葉っぱも一部だけ紅くなっています。



先日アップした、紅葉がとても綺麗な南京ハゼは全て落葉してしまったので、これから地植えに向けて育成すべく一回り大きな鉢に植替えてあげました~。

















丸葉の木の花

今朝、マルバノキに待ちに待った花が咲きました~。
毎朝、花芽の膨らみをチェックして、まだかまだかと待ってた甲斐のある とても可愛い花です。接写でお見せ出来ず とっても残念です。


こうして背中合わせに2つ花が咲くんです。


調べたところ、紅葉の後に花が咲くとありましたが紅葉はまだこんな感じなんです。
そもそも、きれいな紅葉を楽しみに購入した木なのですが、これからまだ紅くなってくれるでしょうか?是非とも紅くなってほしいものです。




マンサク科
マルバノキ属
落葉低木
学名 Disanthus cercidifolius
別名 紅万作
原産:本州中部地方、近畿、広島西部の限られた地域




お買い物

また買っちゃいました、、、。
葉っぱもの2種にスイートアリッサムです。
ふらっと入った園芸店で見つけて、秋に訪問したS邸のさり気無い組合せがとても気に入っていたので、つい我家でも真似っこしてみたくなったのです。
グラスの左側はコーリンフォーラス・スパイキーブルー。葉色がブルーからグレーそして赤味がかったグリーンに変化するんだそうです。こういう葉っぱものは全てフェスツカかカレックスとばかり思ってましたが他にもいろいろあるんですね~。
右側はフェスツカ・フェスティーナ。シルバーブルーの葉っぱがキレイです。
現状は2つとも私には同じように見えてしまい、一体これからどんな感じで育つのかよく分からずに悩んでしまった結果、結局2つとも買って帰ってしまいました~。
我家の狭い庭、私は一体何処に植えるつもりなんでしょう、、、。 










ナンバンギセルの種

ナンバンギセルの種が出来たようです。
そこで我家のタカノハススキに寄生させるべく、、、その前に一年でパンパンになったタカノハススキの鉢を植替えようと地面に鉢をトントンしたら、、やっちゃいました。お高い塗りの蘭鉢を割ってしまい、今 代用出来るものと言えば古~いプラ鉢のみ。ガックシです。これはつい先日の出来事ですが、結局気に入る鉢が見つからないまま種まきも出来ずにいるんです。




種まき/2~3月または11~12月











バルボコディウム・モノフィラスの花芽

9/11に植えつけた早咲き水仙、バルボコディウム・モノフィラスに花芽がつきました~。
この調子だと予定どおり11月末から12月初旬には咲いてくれそうです。









冬芽

ここ最近、毎日冬のような寒さで、朝 庭に出るとブルっと身震いしてしまいます。
そんな中、庭の植物達も冬芽をつけて来春に備えてくれてるようです。

今年の春に購入したクロバナフウロ。
ヒョロ苗だったので元々来年用と思って購入したのですが、涼しくなるにつれ どんどん葉っぱが元気になり、冬芽も沢山ついています。


株元はこんな感じ。充実した株になってくれてニンマリです。



瀕死ながらも何とか猛暑を乗り切ったアストランチャ・マキシマ。
10月末に鉢上げして日当たりの良い場所で養生してたら見る見る葉色も良くなり、新芽も沢山出てくれました。下の画像と比較すると随分元気になってくれたのが良く分かります。


10/29の様子。



5/21に種まきしたハマトラノオ。
茎が10㎝位に伸びていたので秋に切り戻しておいたら、横から新芽が出てくれました。この調子だと来年の夏にはトラノオっぽい紫色の花が鉢の中で丁度良い感じで咲いてくれそうです。情報がほとんど無くて試行錯誤で育ててますが、どうやら私でもちゃんと育てられる丈夫な野草のようです。










折り紙ファミリー

これ何でしょう。

答えは小学生の姪っ子が折り紙で作ってくれた『ふーみんファミリー』なんです。
上段 左から 父、母そして私。
下段 左から ポメラニアンのミミ、柴わんこのモモです。
何だかミミとモモってば目が吊りあがって怖い顔してると思いませんか?姪っ子に言わせると我家のミミモモはヒドイワンコらしいです。確かに姪っ子宅のワンコは、おっとり お利口さんなので比べてしまうと確かにヒドイやつらなのかもしれません。








ヘデラ いろいろ

我家には品種のよく分からないヘデラが幾つかあります。
ヘデラ好きな母がちょこちょこ買ってきたものです。

微妙に色と柄の異なる3種。




これは最近よく園芸店でも見かける白雪姫。
今、葉色があまり綺麗ではありません。


我家では勝手に『フリフリヘデラ♪』って呼んでいます。


玄関先の枕木の塀に這わしています。


過去にもいろいろあったようですが絶えてしまったようです。
ヘデラは嫌いではありませんが、私的には夏ツタなど紅葉も楽しめる種類を育てたいです、、。
















11/18 秋の種まき日記

今日は寒~い一日でしたが、妹からの預り品のローンデージーのポット上げをしました。
小さいながらも本葉が出ています。ローンデージーって別名でイングリッシュデージーとも言いますがデージーの原種なんだそうです。そしてイギリスでは雑草扱いらしいです。小さな白いタンポポみたいな花が咲いてくれる予定です。


10/25に種まきしましたが、6日目には沢山発芽してくれました。
これなら直播きで十分対応出来そうです。

001 (2)


そして今日は忘れ名草のドワーフホワイトも一株定植しました。
先日、Sガーデンで購入したペンステモン・ハスカーレッドの手前に植え込んでみました。(※グレコマが茂ってた所を掘り返して植えたので、ちょっと見苦しくて恥ずかしいですが、、。)


実はこの種まきした忘れ名草のドワーフホワイト、育ちに随分固体差があるんです。写真の子は大きく育ってますが、まだ1㎝位の小さな子もいるんです。本来は間引きすべき子を育ててしまったのかもしれません。








今頃、挿し木、、、。

先日来、庭の整理をせっせとしてきてましたが、耐寒性の無い植物達の挿し木をするのを忘れていて今頃になって室内で挿し木を試みています。こんな時期なので根が出てくれるかどうかは分かりませんが。他にも、挿し木して発根が十分でない子達も同じく我家のポカポカの広縁にて養生中です。

手前の細葉と奥の赤い茎は『ユーパトリウム・グリーンフェザー』。
時々出かけるSガーデンの入口のところに植えてある、ホウキ草をスリムにして縦に伸ばした感じの葉っぱものです。秋に妹が購入した苗を挿し木したものですが、まだ発根が十分ではないのです。
左側はペチュニアの『うすずみ』。
私にしては高級品のペチュニアだったので来年も存分に楽しみたいと思ってるんです。



手前の平鉢にはイポメアとブロンズフェンネル、左上はルリマツリ、右上にはダイアモンドフロストとミソハギを挿し木してみています。
フェンネルとミソハギはついでだったのですが、今年はルリマツリは外越しさせるつもりなので万一枯れてしまった場合のバックアップです。何とか頑張って発根して欲しいものです。


実はついでに他にもいろいろ挿し木したり、そして既に耐寒性の無いものも室内に殆ど取り込んでいるので我家の広縁はもう鉢だらけです。













クリスマスローズの新芽

最近になって一気にクリスマスローズの元気な新芽が出てきてくれています。
なのでご覧のとおり、古葉はもう殆ど取ってしまいました。

これは随分昔からある紫系のシングル2株。微妙に色の違う花が咲いてくれます。


ホワイトのシングル。
これも昔からあるものです。最初の株は枯れてしまい、こぼれ種からの2代目です。
この株からだけは、毎年沢山こぼれ種が発芽してくれるので 随分あちこちお嫁に貰っていただきました。


原種系。
昔、母が植えたもので品種がはっきりしないのですが、花の感じからリビタスではないかと思われます。有茎種のこの株は古葉をどうしたものか悩んでまだ刈り取らないままなんです。新芽も出ていますが、蕾も随分前から付いています。




昨年、私が購入した黒系です。
今春に花は見れず、ブログでもご紹介したとおり7月に不完全な花が咲きビックリしました。季節外れに咲く場合は花色も形も本来の姿ではない場合が殆どだと生産者さんに教えて頂いたので、来春に期待してるのですが この子だけまだ新芽が出てこないのです、、。


そして今年新しく仲間入りしたクリロー達。
toppyさんが種から育てた大事な株を沢山送って下さいました。3年目の2株は地植えにして残りは鉢植えにしてみました。花色は不明だそうですが、我家には無いセミダブルかダブルが咲く予定です。なので我家のクリスマスローズ畑の一番手前の目立つ所に一株植え込んでいます。居間からバッチリ見える特等席で来春どんな花を咲かせてくれるのでしょう。時にはこんなミステリーツアーっぽいのも楽しいですね~。


一緒に頂いたチビ苗達も全員元気です。













セリンセの植替え

茎が徒長したのを、どうしたものか悩みつつ一昨日定植したセリンセ。
アンさんからもアドバイス頂き、ネットで再度調べてみたら『茎が徒長してしまった場合には定植時に双葉の下で深植えするのがオススメ』という記事を発見。早速、我家のセリンセ植え直ししてみました~。

こんな感じで、ぐっと深植えしてみました。


でもセリンセの茎って頑丈で深植えするのも結構難しいです。
なので、この苗は双葉下までは深植えしませんでしたが この程度でも大丈夫そうかなと、、、。でも、実際どうなんでしょ。やっぱりもっと深植えした方がいいのでしょうか、、。とても不安です。


一昨日の定植時はこんな状態でしたから随分な深植えです。










ロベリア

春に苗を買って寄せ植えに使ったロベリア(写真右側)。
無事この夏の猛暑を乗り切って宿根してくれたみたいです。一年草扱いのロベリアでも上手く夏越しできると、こうして秋にも花を咲かせるんだそうですね。


夏の間はホントに瀕死状態だったんです。
気に入ってるので何とかもってくれないかと諦めずにそのままにしておいたら、涼しくなるにつれ何だか元気に。葉っぱがモリモリしてきて花まで咲いてくれました。


おまけに、鉢の中でこぼれ種から一株大きく育ってくれました~。
こちらにも蕾が付いています。


鉢の中には他にもコボレ種っぽい子がちらほら。ニンマリです。


今年の春の寄せ植えの写真です。
ツルニチニチソウとネモフィラと一緒に植えていた時のものです。予定外でしたがロベリアの苗も出来るので、来春は秋に種まきした同じくブルー系のギリアやタマクルマバソウ等と一緒に楽しみたいなと考えています。

















春用苗の定植

今日は我家のメインガーデンの一年草花壇に、種まきして作った苗達を一部定植しました~。
セリンセ、コーンフラワー(ダブルブラック)、オルレイヤ・ホワイトレースフラワーそしてオンファロデス・リニフォリアの4種類です。一週間位前、心を鬼にして まだ花の咲いてたルドベキア等を引き抜いて石灰を撒いておいたので今日はバークと元肥を入れ、しっかりと耕してから定植しました。
この秋は自分が育ててみたい花の種まきを沢山しましたが、最近になって ちゃんと全体像をイメージせずに苗を作ってしまった事に気づき、定植場所をとても悩んでしまってました。春には一体どんな感じで咲いてくれてるのでしょう、、、。
とても不安です。


9/4撒きのセリンセ。
随分大きくなりましたが、やはり茎がダラ~ンとしてるんです。こんな状態から、ちゃんと立ち上がって花が咲いてくれるのか心配で仕方ありません。ネットでいろいろ検索してみましたが摘心した方が良いとか、しなくて良いとか、様々で結局のところよく分かりません。今後も注意して見守りたいと思います。


9/7撒きのコーンフラワー(ダブルブラック)。
最初に徒長させてしまって、株元が心もとなく心配しましたが、今ではがっちりとした株に育ってくれました~。2回目の種まきは全滅で、この苗達は貴重品だったのでホッとしています。


9/9撒きのオルレイヤ・ホワイトレースフラワー。
発芽率は大変良かったのですが、これも最初に少し徒長させてしまいました。でも、これも何とかちゃんと育ってくれましたよ~。


9/13撒きのオンファロデス・リニフォリア。
怪しい自家採取の種でしたが、時間は1ケ月くらい掛かかったもののビックリする位によく発芽してくれました。あまりに沢山出てくれたので、実は玄関先の花壇にはポット上げせずにそのまま既に定植済みなんです。











観葉植物の植替え

今日は観葉植物の植替えをしました。
観葉植物の植替えは本来初夏が良いそうですが、我家のこの2鉢は夏の間に鉢底から根がかなり出てしまった為、室内に取り込む前に植替えが必要になってしまいました。


左のトックリラン。
もう7~8年前に母が2~3㎝の小さな株を¥200で買ってきて以来ずっと育てているものです。今春まで、ずっと室内に置いてたのですが、日光が大好きとの事で今年は春からずっと外に置いていたらグンと一回り大きくなってくれました~。

右のベンジャミン。
これも何年前か定かではありませんが、母が挿し木をして自分で幹も編んだそうです。なのでちょっと歪んでたりしますが、トックリラン同様に春から外に出してたら幹も随分しっかりと、そして枝数も増えて葉っぱもモリモリになってくれました。

父が最近忙しくて、まだ我家の簡易温室が設置出来てないので寒さに弱い植物達はボチボチ家の中に入れています。これから寒い冬がやって来ますが、土作りや春苗の植え付けなど庭でやる事はこれからまだまだ沢山ありますね。








フリマ報告

今日は朝早くから地元のフリマに初出店してきました~。
ドキドキの初出店でしたが、フリマって楽しいのですね~。いろんな人とお喋り出来て、とても楽しい時間を過ごす事ができました。おかげさまで、持って行った苗も7~8割お嫁に出す事ができて私としては とっても満足したフリマ体験でした。こうして春、秋の植替え時期狙いで庭の整理も兼ねて出店してみるのも悪くないなと思います。



今朝7時過ぎに現地に着いたら、既に沢山のお客さんで準備も出来てないのに『これいくら?』『あれ無いの?』って感じで休む間も無く気づいたら写真もまともに撮ってませんでした~。(唯一撮ったモデルミミの写真もピンボケです。)
私はフリマに行く事じたい学生時代以来の○○年ぶりで、勝手も分からずにドタバタ。今日は妹に随分サポートして貰い助かりました。おかげで妹はせっかく昨晩必死で作ったワンコ服を売ることも出来ず、しかもモデルで連れてったミミは全然モデルの務めは果たさず、(人が多くてビビった様子)ご覧のとおりイスの上でちっちゃくなって妹にお守りしてもらってました。モデル犬どころかお邪魔犬しちゃってました~(笑)。












フリーマーケットの準備

実は明日、周南市は緑地公園のフリマに妹と出店しま~す。
お陰で昨日今日は家の事はそこそこにフリマ準備に明け暮れてました。私にとっては初めての経験ですが結構いろいろやる事あってバタバタでした~。
ちょうど我家には沢山苗物があり、良い機会なので思い切って庭の植物達もいろいろ整理してみました。今回は主に園芸屋さんで買うと結構高いもの中心に¥50~でお値段設定してみました。明日は沢山お嫁に行ってくれると嬉しいです。

紅チガヤ、シラサギカヤツリ、ティアレラ、姫トクサ、雪ノ下御所車、十和田アシなど。


ジュズサンゴ、ツルニチニチソウ、ジャーマンアイリス、ワイヤープランツ、プテリス等。


ヘデラ、オカメヅタや多肉ちゃん達。この辺り¥50-です。


沢山出来たオンファロデスの苗。
他、一年草の珍しい苗はいろいろ出そうと思います。


他にもいろいろ出します。
もしお暇な方がいっらしゃいましたら明日は是非、周南市のフリマにお越し下さいネ。


































晩秋の庭

冬も真近の晩秋ですが、我家の和ものコーナーは、今こんな感じです。
よく咲いてる花と言えば白の秋明菊、ツワブキそして杜鵑ぐらい。それに、ちらりと足摺野路菊が咲いてくれています。そういう寂しい感じも秋らしくて気に入っています。我家ではこれから どの程度の紅葉が見れるか楽しみにしてるんです。朝の落ち葉掃除は大変ですが新芽から新緑、そして紅葉と四季折々に木々も楽しみたいですよね。


白の秋明菊。一輪咲いた後がなかなか咲きませんでした。今、満開です。


ツワブキ。左の斑入りの銀水引と入れ替わりに満開になってくれました。









11/8 秋の種まき日記

9/16種撒きのシシリンチウム。
実は種まきから2ケ月ちょっとの一昨日に発芽を確認してました。写真を撮りそびれて今朝カメラ片手に庭に出てみたら、、ギャ~っっ!!黒ポットを置いてた花台が何故か倒れてる。そして辺りはぐしゃぐしゃ。最近お隣さんのジャガイモがイノシシ被害に遭ったり、我家でも塀の上の鉢が落ちたりと事件は起きてましたが花台が倒されるなんて、これは狸の仕業でしょうか、、。そして土砂崩れ状態の中から拾いあげる事が出来たのは残念ながら たったの一芽でした。待ちに待った発芽だったので、あまりに悲しいです。



気を取り直して、他の育苗状況もご紹介しますね。
9/6撒きの白のエキナセア。結局のところ発芽はたったの一つでした。何とも生長がゆっくりでまだこ~んなに小さいんです。ピンクの芽はまだ半分土に埋もれたままなんです。


9/9撒きのタータン麦。
2株ダメになりましたが、他はこんなに元気に育っています。


9/13種まきのオンファロデス。
発芽に1ケ月くらいかかりましたが、発芽率は非常に良かったです。今ではご覧のとおり。この雨でぐんと大きくなってくれました。


9/29撒きのレセダ・アルバ。
これも雨で一気に大きくなってくれました。といってもまだこれ位ですけど。
奥に見える子はまだまだ小さいです。


10/10に撒きなおしたタマクルマバソウ。
やはり発芽率じたいはあまり良くないようです。まだまだ小さいですが本葉も出ています。


他の苗達はまた今度ご紹介しますね。
















またまた南京ハゼ

先日11/3にも我家の南京ハゼをアップしましたが、もっと真っ赤になったので再度ご紹介させて頂きますね。
写真では光が透けて少しオレンジ色がかって見えますが、実際は本当に真っ赤でとても綺麗なんです。ちなみに今朝は、この辺りで初霜が降りました~。




ご覧のとおり、小さな皿鉢の盆栽なんです。
先日園芸店にて1m位の紅葉した南京ハゼを見かけましたが、とっても素敵でした。この盆栽も来春には大きな鉢に植え替えて、いずれは庭に地植えして楽しみたいと思っています。










秋の吉和

今日は本当に気持ちの良い秋晴れの一日でした。
そんな中、藤色のアンさんの新しい山荘拝見と吉和の紅葉を楽しみにアンさんと出掛けてきました~。

まずは、藤色のアンさんの山荘を少しだけ、、。
山の中のログハウスです。


リビングから下を見下ろすと川が流れてました。


裏山付きの山荘なのです。
これなら本当に自然な姿での四季折々の野草が楽しめそうです。


藤色のアンさん宅の訪問後は、吉和の散策に出かけました~。
ご覧のとおり、紅葉も真っ赤でした。


何の実でしょう?







吉和では空気が随分冷たかったです。
車に積んでたダウンを着て私としては丁度良かったんです。が、どうやら私が風邪気味だったようで先ほどから熱が出てきました~(笑)。












ランチしたスリランカ料理店『ランプ』のテラスに置いてあったストーブ。





















11/6 秋の種まき日記

昨日、観賞用斑入り麦の残り4株を玄関先の大鉢に植込んでみました。
(9/22種まき分)



植えてあったペチュニアのうすずみやコリウス等を処分して、大きくなり過ぎてたワイヤープランツもバッサリ整理して こんな感じです。
麦も初めて育てるので株がどんな感じで張るのか良く分からないのですが、大鉢なので下に根を伸ばしてくれれば大丈夫かも、と今回はご覧のとおり詰め気味に植えてみました。麦秋まで楽しみたい一鉢なのですが、はてさて上手くいくでしょうか~?















赤い実 黒い実

秋になり、庭の草木の実も赤や黒に色づいています。


千両。


十両(別名 ヤブコウジ)。
我家のヤブコウシは何故か増えてくれないのです。


南天。
後ろに見えるのは、お隣の裏山の柿。食べ頃の様子で最近よく収穫されてる姿をお見かけします。


おなじみ ジュズサンゴ。


ヤブラン。
上は微妙に色付きかけてる万両の実。


コクリュウ。
なんだか葡萄みたいです。


白山吹。
4つ実が付く筈なのに、何故か我家のは2つなんです。

















木々の花芽

本格的な秋到来で昼間でも肌寒く感じるこの頃ですが、庭では花も少なくなり木々の花芽が目立つようになってきました。

マルバの木。
これから葉っぱが真っ赤に紅葉した後、星型の濃いピンクの小花を咲かせます。紅葉と同時に花が楽しめるなんて面白いですよね。


日向水木。
早春、葉っぱが出る前に黄色の花を咲かせてくれます。


花水木。
今年は葉っぱの葉焼けがひどかったのですが花芽は沢山ついているようです。
4~5月にピンクの花を咲かせます。


ジューンベリー。
5月頃桜のような白い小花を咲かせます。


秋になり随分寂しくなった我庭でも、こうして木々の花芽やクリスマスローズの新芽を見てると、これからどんどん寒くなっていくのに季節は確実に巡っていて、寒くて嫌な冬の後にはちゃんと また暖かい春がくるんだなって、そう思えます。
































Top|Next »

HOME

ふーみん

Author:ふーみん
一昨年6/12にブログデビューして、あっと言う間に二年が経ちそうです。
山口県在住で庭いじりが趣味です。どちらかというと地味好み、和物に癒されます。


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
EntryBody a img{width:216px; height:170px;}