ふーみんの思いつくままひとりごと

ご訪問頂きありがとうございます。庭いじりメインのお庭ブログです。時には我家のワンコも登場します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンダスミレ

先日、藤色のアンさんに頂いたパンダスミレ。
いろいろ迷いましたが、ロックガーデン風の路地に植え付けました。周囲にはシラユキゲシ、シダ、雪ノ下、ツワブキ、ヤブソテツ等が植えてあります。居間の窓からも見えるこの場所で、春にカワイイ花が咲いてくれるのが楽しみです。







学名 Viola hederacea
スミレ科 スミレ属
花期 4~6月
 (※周年開花性があるそうです。)
原産地 豪州~マレー半島
宿根草
スポンサーサイト

秋の気配 その3

今日も曇天で時々雨が降ってくれたお陰げで、水遣りがサボれちゃいました~。時たまこうして ゆっくり出来る朝夕にとても幸せを感じます。

さて、昨日に引き続いて我庭の秋の気配をご紹介したいと思います。

斑入りのギンミズヒキに ようやく花芽(?)が付いてくれました。
後ろに見えるのは、もう既に葉っぱが全て緑になってしまった半夏生。左手前はニオイスミレ2種とシュンラン。シュンランは夏の水遣りが少ない方が花芽がよく付くそうなので、夏になる前に植替えしようと思いつつタイミングを逃してしまいました。これで来年も花が咲かないかも、、です。



少し涼しくなってくれたせいでしょうか?
春に植えたマルバノキに新しい葉っぱが出てくれました。マルバノキってハナズオウに良く似てますが、紅葉がとても見事なのです。それで、どうしても欲しくて探しまくって手に入れたのですが、猛暑だったせいかなんだか元気がなくて随分心配しました。ちょっとホッとしました。



今年は6月から普通のヤブランは咲き出してましたが、斑入りのヤブランも良く咲き出しました。奥の万両にも青い実が生っています。ちょっとジャングルになってましたので、撮影のあと周囲を少し剪定してあげました~。



ワレモコウ。昨日の写真では少しわかり難かったかと思いますが、今こんな感じです。随分、紅くなってくれました。


秋の気配 その2

少し残暑が和らぎ、おまけに大雨も降ってくれてホッとされた方も多いと思いますが、私もそんな一人です。今日は、ほとんど水遣りもせずに済んだので、ゆっくりと朝夕の時間を過ごす事もできました。たまにはこんな日もいいですね。

そんな中、我家の秋のお花達にも変化がありました。

秋明菊の蕾を発見。我家にはピンクと白があります。



知らないうちに ミセバヤにも花芽がついていました。



ワレモコウ、最初ピンクに見えて心配しましたが、随分赤くなってくれました~。



パープルファウンテングラスの穂も沢山出てくれました。






アゲラタム 改め 青花フジバカマ

アンさんから頂いたアゲラタムがよく咲き出しました。
これは高性タイプのアゲラタムです。今年は春に矮性タイプを3株購入しましたが、何故か育ちが悪く2株は枯らしてしまいました。でも後日、沢山この苗を頂き、優しい紫色の花が沢山咲いて、ぽっかり空いてた花壇をうめてくれてとても喜んでいます。こぼれ種でどんどん増えるらしいので来年も楽しみです。









キク科
アゲラタム属
花期 5~10月
一年草

続きを読む »

ミレットパープルマジェスティ

taku-mamaさんに種を分けて頂き、6/14に種蒔きして2ケ月ちょっと。
こんなに大きくなりました~。

この写真の子が今、一番 穂が大きく出てくれています。
種蒔きは本当に簡単でした。そして、和名の黒キビの名のとおりの穂。随分大きいのが出てきてびっくりです。日当たりが良い方が葉色も黒くなるそうなので、来年は玄関先の西日のキツイ花壇に植えてみようと思います。




こっちの株は穂が出ている最中です。

 

イネ科
ペニセツム(チカラシバ)属
花期7月~10月
一年草

カラス葉フジバカマ?

芽出し前に『カラス葉フジバカマ』と名札が付いてるのを購入したのですが、今こんな感じの白いお花がポツポツ咲いてくれています。摘心を2回したらビックリする位に巨大になってしまいましたが、切花に大変重宝しています。




実は、春にまるでナスビみたいな丸い銅葉が茂り、私はフジバカマを購入したつもりだったので心配になり調べてみたんです。すると同名の植物は見当たらず、代わりにソックリな和名で紫葉白花玉咲フジバカマっていうユーパトリウムのチョコレートを見つけました。花が咲いて再確認して、我家のはきっとそうではないかかと思われます。園芸屋さんではいろんな名前で売ってるので、時々困ってしまいますね。


5/14の写真




キク科
フジバカマ属(ユーパトリウム属)
学名 Eupatorium rugosum 'Chocoloate’
花期8~11月
宿根草

グリーンローズ

今年、30本くらい挑戦して やっと成功した挿し木苗に花が咲きました!!
妹宅のを挿し木したのですが、グリーンローズって中国のバラ ロサ・キネンシスの変種なんですね。



我家の場合、バラの挿し木は失敗だらけです。せっかく根が出ても枯れてしまったりと、なかなか上手くいきません、、。来年の挿し木シーズンまでには、いろいろ勉強しておきたいと思います。




バラ科
学名:Rosa chinensis var. Viridiflora
四季咲き 

縷紅草 ルコウソウ

我家のルコウソウ。ようやく、ウッドデッキのランプにも絡まる位に葉っぱが茂ってくれました。
我家のウッドデッキの主、柴犬モモの日除けにと植えているのですが、今年は猛暑だったのに残念ながら昨年と比べて葉っぱの茂りが少し悪かったように思います。妹宅のこぼれ種を貰って植えつけたものですが、妹宅ではとうの昔に花が咲いているのに対し、我家のはちっともそんな気配がありません。羽のように柔らかで涼しげな葉っぱなので、それだけでも十分楽しめますが、小さくて星型のお花も早く咲いてほしいと思っています。






ヒルガオ科
ルコウソウ属(イポメア属)
原産地 熱帯アメリカ
花期 7~9月



プルンバコ

玄関先のプルンバコ(別名ルリマツリ)が今、とても良く咲いてくれています。
一時期ほとんど咲かなくなっていましたが今、満開です。時々枝先を切ってあげてたせでしょうか。大きな流木に絡ませているのですが、随分茂ってくれて我家の玄関先をとても賑やかしてくれています。
昨冬は暖冬だったせいか、無加温の温室の中でも花を咲かせていました。





イソマツ科
ルリマツリ属
原産地 南アフリカ


花期6~10月

サルビアコッキネア コーラルニンフ

知人から1ケ月程前に頂いた一株が咲き出しました~。
珊瑚の妖精っていう名前がぴったりの容姿です。これから晩秋11月位まで咲いてくれるそうです。昨日、お隣さんがピンクのクレオメを下さったのを直ぐ隣に植えたのでピンクの優しいコーナーになってくれそうです。








シソ科
サルビア属
原産地 熱帯アメリカ

南京櫨 ナンキンハゼ

昨秋、紅葉が一番の見頃にあまりに綺麗で衝動買いした南京ハゼの盆栽。
南京ハゼは紅葉が大変美しい木ですが、まだ8月というのに我家のは ご覧のとおり既にかなり紅くなっています。キレイに色付いているのですが、あまりに早くて少~し心配です。





和名の南京ハゼというのは、日本の櫨の木と同じく原産地の中国で実からロウを採る事にちなんでいるそうです。櫨の木も紅葉がきれいですが、ウルシ科の木で南京ハゼとは種類が異なるんだそうですよ。






トウダイグサ科
シラキ属
原産地 中国


追伸
ここ山口県では昨日から秋の気配を少し感じるようになりました。
このまま残暑が和らいでくれると、庭の植物にも私にとってもとてもうれしいのですが、、、。



観賞用トウガラシ

先日、marutatsuさんのお父さんが育てている観賞用トウガラシを頂きました~。
黒に近い濃紫と赤い実の取り合せがとっても綺麗です。しかし、名前が分からず調べてほしいというメッセージ付きで、、。
いろいろ調べて見た結果、実の色が紫~赤に変化する、花色は紫、実が上向きに付くという点からブラックプリンス又は紫炎とブラックプリンスの交配種辺りではないかという結論に至りました~。アンさんにもご協力頂きありがとうございました。
植物の種類ってほんと多くて、そして微妙に特徴が異なるので本当に難しいですね!!





実はこの鉢の中には石が置いてあったりと、盆栽仕立てのトウガラシなんです。






ナス科
原産地 熱帯アメリカ

パープルファウンテングラス

我家のパープルファウンテングラス。ようやく穂が出始めました~。
昨秋一度購入したものの冬の間に枯らしてしまい、春に再購入したものなので穂が出るのがとても楽しみでした~。
銅葉の葉っぱに、ネコジャラシのような穂。これから沢山あがってくるのが楽しみです!!





冬に枯らした原因は水遣りのようです。非耐寒性のグラスなのですが、水を出来るだけ切るのがポイントのようです。今年はうまく冬越しさせたいものです。




イネ科
ペニセタム属

吾亦紅 ワレモコウ

我家のワレモコウが色づき始めました。
花芽がついてから病気になってしまって随分と心配しました。

昨秋に私は普通の赤色のワレモコウと思って購入したのですが、何だかピンクに色づいています。よくわからないのですが最初はこんな感じなのでしょうか?






バラ科

またまた 日日

実は、今日はアンさんのお誕生日でした~!!
なので、藤色のアンさんと3人で日日(にちにち)にランチに出かけました。アンさんのお誕生日に、一緒にランチとお花で楽しい時間を過ごさせて頂きました。ちなみに、私の選んだランチは豚の生姜焼き。今日も大変満足です!!

お気に入りの広縁には、木の椅子の上のガラスの器に金魚が泳いでいます。



玄関先のしつらえのお座布団、よ~く見るとメダカが泳いでいました。金魚とメダカ、こんな猛暑の日には、目に涼しくていいですね~。



お庭には、この暑さに負けず 私の好きな白いお花も咲いていました。
これはオカトラノオに似てますが、この辺りでは、もうお花が終わってますよね~?ご存知の方いらっしゃったら教えて頂きたいです。



これは高砂ユリでしょうか?でも、高砂ユリって花びらの裏側に紫の筋が入るのが特徴ですが見当たらないんです。調べてみたら、高砂ユリと鉄砲ユリは交配種が多くて分類も難しくなっているとか。お花の種類って微妙で難しいです。



多肉の仕立て直し

ほったらかしにしてしまっていた我家の多肉達。

多肉は私の趣味ではなく母の趣味なのですが、小さくてかわいいのを見つけては買いを繰り返し、我家では結構な種類の多肉達が寄せ植えされたままダラ~ン、ヒョロ~ンと間延びしたり、おまけにダメになってる子もいる状態でした。もう少し涼しくなってやろうと思ってましたが、今日思い切って一気に仕立て直しちゃいました~。ブリキやホーロー、土器等の鉢に7~8個の寄植えを仕立て直しました。
実は、多肉をいじったのは初めてなのですが、多肉用の土の勝手が分からず、うまく立ってくれなかったりして結構疲れました~。ちゃんと根付いてくれるといいなと思います。

残念な事に全景写真は失敗しましたので、一部をアップでご紹介させて頂きます。ちゃんと育ったらまたお見せしたいと思います。

名前が分かりませんが、変わった姿です。



よく見かけるタイプです。



これは子持ち蓮華の赤ちゃん。


朝顔 アサガオ

母が春に種蒔きした、大きなピンクの朝顔が咲いています。
玄関先に行灯仕立の鉢植えにしています。今朝、花びらの直径を実際に測ってみると13~15㎝もありました。葉っぱも斑入りですが、花びらの縁が白くてキレイな花が咲きました。
しかし、残念な事に花が大きすぎて、花びらが直ぐに裂けてしまったり、半分に折れてしまったりするんです。今朝はキレイに咲いてくれてたんですけどね~。大きな花びらだと、こういう難点あるんですね。



こちらは庭植えにしたものです。
左側の南天の木にも巻きついちゃいました。




もう一つ、朝顔です。
昔、母が植えた琉球アサガオ、毎年こぼれ種で沢山出てくるのですが、今年は植え場所に困ってしまって、ちゃんと定植していなかったんです。でもご覧の通り、我家の裏山のビワの木に登ってくれてた子がいたんです!!
居間の東側の窓から、ちょうど見える位置で目を楽しませてくれています。



(実はこの裏山もビワの木も、よそのお宅の所有なのですが、現在は放置されたままなんです。なので草では無いし、お花だしと、私的に良しとさせていただいてるんですが、勝手に不法侵入してすみません。)

杜鵑 ホトトギス

我家のホトトギスが咲き出しました。
我家には3種類ありますが、一番先に咲き出したのはカーポート脇の葉っぱもの花壇のホトトギスです。昔、母がお友達からヤマホトトギスと聞いて分けて頂いたそうですが、こぶりでせいぜい30~40センチ程度にしかなりません。おまけに今年は6月に私がお試しで切り戻したので、例年より背丈が低い状態で咲いています。






ホトトギスの種類ってとても多くて、昨年確認作業に挫折してしまいました。今年こそと、写真を見ながらいろいろ調べたてみたところ、我家のはヤマホトトギスの特徴である花びらが下へ反転しておらず、現状は少し上向き。茎の頂部で枝分かれするのはヤマホトトギスかタイワンホトトギスなのですが、いずれもはっきりしないので、残念ながら自然交配してしまった『ヤマに生えてたホトトギス』ではないかと、、、。(山歩きがお好きな友人だったそうです。)自然交配し易い植物って他にもありますが、それってもしかしたら世界にたった1つのお花が自分のお庭に咲いてるのかも?などど考えてたら楽しい気分になりました~。


ユリ科
ホトトギス属
原産地 日本 東アジア

コレオプシス

藤色のアンさんから頂いたコレオプシス。
頂いた後に、一旦切り戻したのでようやく今頃になって沢山お花をつけてくれました。
何だか小さなコスモスみたいでカワイイです。





先日一枝をいくつかに切り分けて挿し木をしたのですが、昨日確認したら もうしっかり根が出てました~♪ 案外、根が出るの早いようです。



キク科


伊勢の花火

別名 伊勢の花火のほうが素敵なネーミングですが、正しくは柳葉ルイラ草が咲き出しました~。
熱帯性植物で沖縄では雑草化しているそうです。お花は夕方にはしぼんでしまいますが、これから次々咲いてくれる事でしょう。
昨年は塀とアスファルトの境のほんの隙間に生えていたせいか、お花も随分小さかったと記憶するのですが、ちゃんと庭植えにしたら直径4~5㎝の大きな花が咲きました。





実は昨夏、知人から頂いたのですが名前が分からずじまいでした。でも今年、アンさんのHPにて判明! 我家の咲き始めの方が随分遅かったようです。ありがとうございました~!!




キツネノマゴ科
原産地 メキシコ

姫岩垂草 ヒメイワダレソウ

これも先日アンさんから頂いたヒメイワダレソウ。
1センチほどの小さくてかわいらしいお花が咲き出しました。
常緑で7~9月ぐらいまで咲いてくれるそうです。花期が長いのが良いですね。地を這うように広がるので英名でカーペットグラスとも言うそうです。





クマツヅラ科
イワダレソウ属
原産地 ペルー

百日紅 サルスベリ

夏の花木 サルスベリが 花盛りです。
7~9月いっぱいの約100日間咲くので百日紅という和名が付いてるそうです。
我家のと言いたいとこですが、実はコレお隣さんのサルスベリなのです。境界に植えられているのですが、我家の方が南側なので、なんと お花が我家の方を向いて咲いてくれています。昨日、枝が越境しているのでお隣さんが『切ろうか~?』と声をかけて下さいましたが、こんなに綺麗に咲いているので、当然私は『そのままでお願いします』と。折角、綺麗に咲いているのですから。お隣さん、我家まで楽しませて頂きありがとうございます!!







サルスベリってミソハギ科だったんですね~。




ミソハギ科
サルスベリ属

ボスの証し

柴犬モモは暑さのせいか最近あまり元気が無く、こんな感じで小屋の中でグタ~っとしている事が多いです。
ポメのミミは相変わらず元気ですが、とっても気分屋で『モモと遊ぶ?』と聞くと自分が遊びたいときには、窓の前でクルクル廻って『遊ぶ 遊ぶ~♪』と言うのですが、ソウでない時は全くの聞こえないフリをします。ここ最近は遊びたい気分らしく大抵2匹でウッドデッキで過ごしています。



(ミミの毛 だいぶ伸びちゃいました。)

我家では小さいながらもミミが一応ボスなので、モモと一緒に遊ぶときは最初に必ずボスであることを忘れさせない為にか、こ~んなヒドイ事するんです。


モモに全体重をかけて頭をガリガリ。モモの顔なんだかスゴイです。
でもミミがボスなのでモモは耐えて なされるがままなんです。ワンコの世界もなんだか大変です。

夏菫 トレニア

毎年、雑草のように生えてくるトレニア。我家もようやく花盛りです。
正しくはトレニア フルニエリというそうです。ピンクや黄色もありますが我家に出るコボレ種は紫ばかり。暑さに強く、秋まで良く咲いてくれるので花壇の脇役にぴったりですね。





ゴマノハグサ科
原産地 東南アジア アフリカ

黒い実とカエル

我家の白山吹に実がなっています。
白山吹の実って4つ付くそうなんですが、残念なことに我家のには2つしか付いていません。来年はちゃんと4つ付いてくれるかな?これから先、秋深く落葉しても黒い実はついたままのはず。その姿も今から楽しみにしています。
今日は葉っぱの上でカエル君も休憩してました。あんまりかわいかったので一枚パチリ。




お花はこんな感じでした。(お花が開ききってない状態です。)
花弁が4つ、葉が対生してるのが、似ている白花山吹と見分けるポイントなんだそうです。


禊萩 ミソハギ

アンさんから頂いたミソハギが咲き出しました~。
我家は夏のお花に困っていたので、こんなシックな夏の花を頂いてとても喜んでいます。
ミソハギってハギの名前が付いてますが、ハギの仲間ではないんですね。ハギはマメ科、ミソハギはミソハギ科なんだそうです。
秋の花と勝手に思ってましたが 花期は7~8月がメインなんですね。






ミソハギ科
原産地 日本 ユーラシア 北アフリカ

ガーデンカフェで お昼ごはん

今日は、東京から友人Yちゃんが里帰りしてきたので、近辺の方は良くご存知じ 『にちにち』にランチを食べに行ってきました!!
お食事もですが、お庭がとても和めるのが気に入っています。季節を上手に取り入れた植栽もですけど、店内にもとても上手に季節の花が生けてあります。ちなみに、今日のランチは鳥の竜田揚げ。相変わらず超満員でした。



いつも素敵なしつらえの内玄関。床の間にはワレモコウが生けてありました。
秋も もうそこまで来てるんですね。


鉢植えのカンガルーアイビーと暖簾が素敵です。


ここでもジュズサンゴを売ってましたが、我家のとは違ってやっぱり葉っぱも茎も緑色なんです。結局、我家のは何なんでしょう、、。


こんな縁側ほしいです。


裏庭もイイ感じです。客席ではないそうですが、ここの大きな木のテーブルでお茶したいです。


ハギの花も咲いていました。
枝がしだれてるのと、葉っぱの感じからミヤギノハギでしょうか?




葉っぱが既に、緑になってる半夏生。シダ。そして後ろには水引草も咲いてます。
ちなみに、我家の水引草はまだ花芽も付いてません。


子供の頃は我家にも池があり鯉が泳いでました。増築とモモのウッドデッキで潰してしまいました、、。子供の頃、夏の夜に池の傍で花火したのを懐かしく思います。

マリーゴ-ルド 

我家で今、元気な花の一つ、マリーゴールド。
昔からオレンジと黄色は、あちこちの花壇や畑で見かけますが八重咲きのホワイト系を見つけたので、西日が当たる暑~い花壇に植えています。名札も無かった苗ですが、花が大きいのでアフリカン系の矮性種ではないかと思われます。秋まで頑張って咲いてほしいと思います。
背面にはルドベキアを植えているので賑やかなコーナーになりました。




蕾もカワイイです。



ジュズサンゴの実?

我家のジュズサンゴに良く似た花に、赤い実が生ってきました~。



地植えのもので高さ20センチ位です。ネットで調べてみるとジュズサンゴは葉っぱが青々していて、高さも60センチ位になるようですが、我家のは葉脈や葉っぱじたいにも赤みがあり、そんなに大きくもありません。沢山見た写真の中に少し近い感じのものも見つけたのですが、最近、園芸店にて実際に見たジュズサンゴと見比べても何だか少し違うように思います。もしかしたら、ジュズサンゴが何かと交配しちゃったのでしょうか、、。

お花は こんな感じでした。地味ですがとてもかわいいです。


台風の後

台風5号も日本海に抜けましたが、被害に合われました方には心よりお見舞い申し上げます。
さて、ここ山口県はまだ雨は降っているものの、静けさを取り戻しています。我家も大きな被害は無かったのですが、草花達の一部がぶっ倒れる被害にあいました。

これはエケベリア。2本のお花のうち一本がポキッと折れてしまいました。



丁字草。ご覧のとおり見事に倒れました。
春の花なのでこの後バッサリ切戻しをしておきました。



その他、きちんと支柱をしなかった千日紅、孔雀アスター、ミレットパープルマジェスティ等がやられました。やっぱり、ちゃんと全て支柱をしておくべきだったと反省です。
花盛りだったエンジェルストランペットも、お花は全部落こっちてました。台風対策もなかなか庭の全てに対して十分には出来ませんよね~。もしかして、そんな事言ってるの私だけ?

Top|Next »

HOME

ふーみん

Author:ふーみん
一昨年6/12にブログデビューして、あっと言う間に二年が経ちそうです。
山口県在住で庭いじりが趣味です。どちらかというと地味好み、和物に癒されます。


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
EntryBody a img{width:216px; height:170px;}