ふーみんの思いつくままひとりごと

ご訪問頂きありがとうございます。庭いじりメインのお庭ブログです。時には我家のワンコも登場します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白鷺蚊帳釣 シラサギカヤツリ

最近、鉢植えのシラサギカヤツリも咲き出しました。
しらさぎかやつり

初夏から秋まで次々に涼しげな白い花を付けてくれるので私のお気に入りの一鉢です。でも春の芽出しじたいもですが、芽出ししてからの伸びも遅かったので随分と心配しました。なんとか無事に咲いてくれてとても喜んでいます。鉢は水切れに注意して日当たりの良い場所に置いています。去年1ポット購入したところ、沢山増えて春先にほとんどは地植えにしました。『和』を感じさせてくれるお花ですが、北米原産なんだそうです。

カヤツリグサ科
原産地 北米
スポンサーサイト

ミミ柴

我家のミミ(ポメラニアン)がとうとう柴になりました。
サマーカット

夏場は暑いので毎年ご覧のとおりの柴カットで過ごします。よく行く美容院はいつも予約が一杯なので今回も1ケ月待ちでした。柴犬というより、なんだかマンガの犬みたいですね。プッ。ワンコは匂いだけでなく形も認識するらしく、毎年美容院から戻るともう一匹の柴犬モモが他所のワンコと勘違いするのかしばらくヒートアップして大変です。
(ちっともじっとしてくれず、ピンボケ写真になっちゃいました。ミミが一番大好きな父の膝元にてようやく撮影出来ました。)

クリスマスローズの蕾

昨秋、2年生苗で購入したブラックのクリスマスローズ。
母が発見してくれたのですが、今頃になって蕾が3つも付きました。
クリスマスローズ 黒

蕾の縁に少~し色が付いてるものの、これって本当にブラックなんでしょうか。この頃はクリスマスローズの事もよく知らなくて写真見て買っちゃったんですが何だか不安です。それにお花って、弱ると子孫を残そうとして花を沢山付けるっていいますよね。我家には他にもクリスマスローズは何株かありますがこの時期に蕾が付いた事は母曰く一度も過去にないそうで、本来休眠期に入る頃になって蕾が付いていいのかなあと、これまた心配です。これからしばらくの間は毎日注意して見守りたいと思ったのでした。

桔梗 キキョウ

今朝、桔梗の花がようやく一輪咲いてくれました。
蕾が風船みたいにぷっくりしてるなと思っていたら、英語でちゃんとバルーン・フラワーという名前がついているそうです。桔梗って秋の七草ですが初夏から夏に咲くんですよね。では何故、秋の七草なんでしょう?私には謎です。知ってる人いらしたら是非教えて頂きたいです。
桔梗

どのお花もそうですが蕾から咲くまでにとても時間がかかります。今日こそ咲いたかな~と毎朝ドキドキのお庭チェックです。こうして長い時間かけて咲いてくれたお花にはどれも愛おしさを感じざるを得ません。庭いじり始める前は植栽のデザインなどがおもしろいのかな?と思ってましたが実際に自分がやってみると、こういうプロセスの方がはるかに楽しいんですよね。何事もやってみないと分からない事ってあるものです。

キキョウ科
原産地 日本 朝鮮半島

露草 ツユクサ

ツユクサ

これも何処でも見かける露草。
我家では毎年、普通の露草に混じって斑入りの露草が沢山生えてきます。花壇に少しだけ斑入りを残して、こうして小さくてかわいい花を楽しんでいます。斑入りは『ギンスジツユクサ』とも言うそうです。お宅によっては白花が群生してる事もありますが我家では青花ばかり。その昔は染料にも使われてたそうです。
(後ろに見えるのは麒麟草)

ツユクサ科

バラの花とランチ

今日は古い知人と、とても久しぶりに徳山の街を見おろせるレストランでランチをしました。
ばら1

少し暑かったのですがご覧のとおり沢山バラが咲いていたので、今日はテラス席でお食事させて頂く事に。
実は今、我家のバラ達とても調子が悪くて、葉っぱが変色したり落ちたりと困っているんです。それにひきかえ、ここのバラ達の元気なこと。病気らしきものが見当たらず日頃のお手入れと管理の程がうかがわれます。どれもとても良く咲いています。
バラ2

実はバラの品種の事ってよく分からないのですが、この時期満開のバラもあるんですネ。少し余裕が出たらバラの事も勉強してみたいと思ったのでした。


ヒメアカタデハ?

ヒメアカタテハ

今朝、我家のエンジェルストランペットの葉っぱに止まっていたチョウチョ。
図鑑で調べてみるとタテハチョウ科の『ヒメアカタデハ』ではないかと、、。改めて見るとチョウチョもいろんな種類があってびっくりです。庭いじりとおして少しづつ興味の範囲が広がる自分をうれしく思います。

姫蔓蕎麦 ヒメツルソバ

ひめつるそば

何処でも見かける姫蔓蕎麦。我家でも庭のあちこちで茂りはじめてくれています。ほんの少しの隙間でも育ってくれるので敷石の隙間などにまだせっせと移植しています。これから初冬までピンクの金平糖みたいなかわいい花を咲かせてくれます。庭にそっと色を添えてくれる存在として我家に欠かせないお花の一つです。

タデ科
ヒマラヤ原産


南側の花壇ってこんな感じ

今日は我家の南側花壇の紹介です。ここは和物メインで構成しています。

向かって右側はこんな感じです。
ジューンベリーで木陰を作ってギボウシ、雪ノ下、アメリカイワナンテン、ボタン、ティアレラ、アスチルベ、ほととぎす、コアジサイ、アサギリソウ、ツルニチニチソウなどを植えています。庭植えにしたら思いのほか良く育ったピンクのカラーが咲いてくれています。
和物コーナー


向かって左側はこんな感じ。
祖母の家から移植した額紫陽花、ピンクのアジサイ等が咲いています。
その他手前に五色ドクダミ、ジャーマンアイリス、都忘れ、秋明菊、るり玉アザミ、丁字草、桔梗等を植えています。
和物コーナー2

今の南花壇のメインは紫陽花ですが、冬に強剪定をしてしまった為に残念ながら今年のお花はほんの少しでした。秋から冬に全面的に配置換えをしたのですがアジサイの位置はボリュームが考慮出来てなくて失敗だったとちょっと反省。

これから、向かって左側の部分にはもう少し木陰を作って野草系を充実したいと考えています。本当は落葉樹の高木が植えたいのですが隣家が一段低くなっていて葉っぱが落ちまくると思われ実質無理なんです。かと言って冬はほとんど日陰になるので常緑樹も植えたくない、といろいろ思案中なので今は低めのヒメシャラのみで我慢です。この春にとりあえず候補としてクロモジの30㎝位の苗木を買って只今育成中です。

デルフィニュームとブロンズフェンネル

一番花はとっくに咲き終わったデルフィニュームですが、植えている3株のうちブルーの株に2番花の蕾が付いてくれました。
北海道なんかでは秋くらいまで3番花、4番花と咲き続けてくれるそうですが温暖地ではなかなかそうはいきませんよね。通常は母が切り花にしてさっさと処分してしまうので我家では2番花を楽しんだ事はありませんでしたが今年は今のところなんだか咲いてくれそうな感じです。
デルフニュームとフェンネル

しかし実はこれまた失敗なんです。
デルフィニュームは枯れてしまうだろうと思い、写真のとおり直ぐ手前に1m50cm~2mに成長するブロンズフェンネル植えちゃったんです。どんどん大きくなってきているので、デルフィニューム咲くなら早く咲いてほしいと願うばかりです。

予定外のヒマワリとルドベキア

今日はとても暑いですね。我家ではヒマワリとルドベキアが咲出しました。

まずは、玄関先のヒマワリ。実は、母が何年前かに購入した輸入物の種が冷蔵庫の野菜室にあったので試しにダメもとで撒いてみました。そしたらナント全部発芽しちゃったんです。で、結局そのまま花壇行きに、、、。 
(結構ヒマワリって保存がきくみたいです。)
ひまわり

そもそもお隣との境界のこの花壇は西日がとても強く夏場はヒマワリ、サルビア等の暑さに強いものしか育たないので、ついつい毎年同じパターンなんです。そこで『今年こそなんか変化を出したいねっ』といろいろ2人で思案してはいたんですがそういう事情で今年も結局ヒマワリに。花びらの細い少し変わった花が咲きました。

そして裏庭のルドベキア。
ルドベキア

実はコレ黄色好きな母がサンビタリアと間違えて買ってきたものなんです、、、、。

こんな感じでちっとも思うようにいかない我家の庭作りだったりしてますが、グッと抑えて、仲良く母子ガーデニング頑張りたいと思うのでした。

姫小判草ってワイルドオーツ?

春にミサコちゃんと行った広島の植木市で購入した姫小判草。
実は前からワイルドオーツがほしいのに良い苗にめぐり合えずにいた所『姫小判草』と名前が付いてるコレを植木市で発見。お店のおじさんに『ワイルドオーツと姫小判草ってどう違うんですか?』と聞くと『ワイルドオーツの事を和名で姫小判草ってゆうんじゃけおんなじ。』との答え。しかも今まで見たワイルドオーツよりうんと安いっ!(確か¥400か¥500でした。)それならと早速購入。しかし喜んだのもつかの間、調べてみるとどうもこれが怪しいんです。ワイルドオーツの和名ってどれ見ても『偽小判草』なんですよね。決っして『姫小判草』とは書いてないんです。しかも道端にでも生えてそうな小さな三角の実がつく植物が別に『姫小判草』としてちゃんと存在するではありませんか。そ、そんなーーーっ。
姫小判草

ワイルドオーツの平べったい小判型の実と秋の紅葉を期待して購入した私はご覧のとおり和物コーナーの大変良く目立つところに植えています。最近、下の写真のとおり花穂も出始めました。はてさてこれからどんな実が付くのでしょうか、とても気になるところです。結果はブログでまた後日ご紹介したいと思いますが、あくまでもワイルドオーツがほしかった私としては単におじさんが間違って名前を書いてたんだと信じたいこの頃です。
姫小判草2

友禅菊も咲き出しました。

友禅菊

我家の和物コーナーは花菖蒲もほぼ終わり今は紫陽花がメインです。
そんな中、友禅菊も咲き出してくれました。まだ傍らで少しだけ都忘れも咲いてくれていますが同じく楚々とした感じが私好みです。実際に花が開くと薄いのですが、蕾の時の濃い紫とても綺麗だと思います。
そして『菊』ってなんだか日本の花ってイメージですが実は友禅菊って北米原産でヨーロッパで改良されたものなんだそうです。

続きを読む »

シャスターデージー咲きました。

シャスターデージー

我家でもシャスターデージーが咲き出しました。冬に妹から2株分けてもらい植えつけたものです。妹の家は田舎で庭が広く群植しているので一斉に咲くととてもキレイです。シャスターデージーってフランス菊と日本の浜菊との交配種らしいですが一見するとフランス菊そっくりですよね。知らなかったのですがシャスターデージーの方が浜菊のDNAを受け継いでるせいか茎などがっちりとしているそうです。そういえば、もう少し早い時期に咲くフランス菊は吹く風にたなびいていたのを思い出しました。

ガクアジサイ

アジサイシーズン真っ盛りです。
車を走らせるとあちこち咲いててとても綺麗です。今、我家でも普通のピンクの手まりあじさい、隅田の花火そして写真のガクアジサイの3種類が咲いています。ピンクのアジサイを除いて全て冬の間に強剪定をしたので今年はお花を諦めていたのですが隅田の花火とこのガクアジサイは数は少ないですがなんとか咲いてくれました。
下の1週間前の写真と比べて随分色も濃く変化しています。中央の本当のお花もかわいく咲き始めてくれました。
あじさい2

あじさい1

今まで細部を詳細に観察した事がなかったのですが、まじまじとよく見た事で今年はこの花のかわいさを再発見出来たように思います。そしてこのアジサイは昨年、祖母の家から移植したもので母曰くもっと大きい花との事、来年が楽しみです。土も改良してアルカリ性になってる為だと思うのですが鮮明な青色がどうも出なかったようです。最近知ったのですが日本の土壌は本来酸性なので日本古来のアジサイは青色なんだそうですね。来年はキレイに青が出るようミョウバンをあげるなどしてみようと思ったのでした。

フロントガーデン

今日は我家のフロントガーデンの一部をご紹介します。
我家のフロントガーデンは随分昔にそのほとんどを駐車スペースに変えてしまった為に残念ながら植栽スペースはほんの少ししかありません。周囲と玄関先に少しづつ、後は鉢物を少しで我慢です。そこで塀の一部を枕木に変え少しでもグリーンの面積が増えるようにとヘデラを這わしてあります。随分前にリフォームしたので今ではこ~んな感じです。
玄関先3

ヘデラは適当な長さで剪定をしています。以前の大型台風で一部飛んでっちゃったりもしましたが母が旅先で購入したものなどが枕木に飾ってあり、それらが年月と共に朽ちたり錆びたりして枕木に合う感じになってくれました。そもそも玄関先には大きな木を何本も植えられる十分なスペースも無いのですが、過去の大型台風でハナミズキやコニファーも倒れて処分したままになってるので現状は少しアクセントが無い印象なのは否めません。まだまだ手を入れる余地ありなのでお財布と相談しながら気長に頑張りたいと思いま~す。

ちなみに、このカメ君は私のお気に入りです。
玄関先1

玄関先2

ガーデンデザイナーさん

岩田さん

今日は古い知合いのガーデンデザイナーさん宅に遊びに行ってきました。
懐かしくいろいろお話が出来てとても楽しかったです。下松の岩田さんという方で主に個人宅のガーデンデザインをされているのですが見せて頂いたデザイン画とても素敵でしたヨ。デザイン自体もですが、お庭作りに対してとても熱意を持って取組まれている様子でした。もし仮に自分の大事なお庭を誰かに託すならやっぱりお庭作りに対してそういう気持ちを持ってる方にお願いしたいものです。そして私はこれからの外構はやっぱり植栽が大事だと思っているのですが岩田さんもそう思われてるとの事、とてもうれしく思いました。だって植栽一つでお庭って一変しちゃうんですもの。岩田さんにはこれからも沢山素敵なお庭を作って頂きたいなと思ったのでした。
         プレート

         棚


裏庭の入口

我家の裏庭入口付近もついでに紹介します。
表から直接見えないのですが、こ~んな感じです。
裏庭の入口付近

カンパニュラは2番花が綺麗に咲いてくれてますが、ラムズイヤーも終盤を迎え、春の一年草や球根が終わったあとスモークツリーの足元は今は疎らな状態のままです。このスペースは母との意見調整が終了してないので今は放置状態、今後どうするかは思案中なのですが思案してる間に夏が来てしまわないようにしたいものです。
カンパニュラ メイブルー

ラムズイヤー


寄植えコーナー

寄植え1

今日は我家の寄植えコーナーの一つをご紹介します。
全景が入らなかったのですが、こんな感じです。ちょっと地味でしょうか?我家では寄植えは基本的に母担当です。でも母好みで作ると本来もっとかわいらしくなるのですが、私が小うるさいとの事でグリーンを多めにしてくれています(笑)。左はコプロスマとバコパ、右はラミウムとロベリア、右奥はラミウムと高さがあって写真に入らなかったのですがカカリアが植えてあります。ラミウムもようやく紫色の花が咲き始めてくれました。これ位だとバックの和物コーナーに対してそんなに違和感ないかな~と思っています。

ちなみにカカリアってこんな花です。
カカリア

先っぽに小さいオレンジ色のお花が付いてカワイイんですヨ♪
10月位まで咲いてくれるそうですが残念ながら1年草です。今年はちゃんとこういう1年草の種は取って来年用に備えようと思っています。

我家のワンコ 其の二

もも

ミミに続いて我家のもう一匹を紹介します。
モモ 柴犬2歳 女の子。性格はミミとは正反対の甘え下手。少し男の子ぽくて、なんだかシャイな日本男児って感じです。
ミミが母のワンコとして我家に来た1ケ月後にモモは柴犬大好きな父のワンコとして我家の家族になりました。当初『両方とも子犬だし大丈夫よね~!』と簡単に考えていたのですが予想に反し壮絶なバトルが始まりビックリ。獣医さんに相談した所『序列がはっきりするまで気長に待って下さい。そもそも柴犬とポメを一緒に飼う事じたい無理があります。』と言われました。ワンコは縦社会で生きてるので例え子犬でも横並びというのはありえないそうです。結局1年近く2匹はバトルを繰り返し我家ではようやくミミが親分という事で決着が付きました。
実は弱いのに向う気だけは強いミミに対し、本当は強い柴犬モモが折れてあげた格好になっちゃいました。モモってえらいでしょ。

高嶺マンテマ(タカネマンテマ)

タカネマンテマ

先月5/21に撒いた山野草のうち高嶺マンテマが本葉も出たので鉢上げしてみる事にしました。これはゴマノハグサさんがおまけで送って下さったもので私は全然知らなかったのですが、どうやら南アルプスの岩場や砂礫地に生育するナデシコ科マンテマ属の高山植物で20センチ程度の植物のようです。花期は7~8月でこんなお花が咲くそうです。
タカネマンテマの花

なんだか変わってますよネ。
私も調べてみてビックリ、こんな花もあるんだって。随分と個性的です。瓜坊のようです。とりあえず無事育って来年(再来年?)花咲かせてくれるとよいなと思います。ごまのはぐささん、サプライズな出会いありがとうございました♪

コーディネート

白露錦・ヘリクリサム・ハナズルソウ

玄関先の葉っぱ物コーナーの白露錦、ヘリクリサムそしてハナズルソウ。
それぞれ茂ってくれて爽やかなコーナーになってくれました。植物の葉色ってカラーリーフも沢山あって結局みんな違うじゃないって思うくらいに色が豊富ですよね。おかげで無限大の組合せが可能なので私の場合、真面目にコーディネートを考え出すといつも行き詰ってしまい最後にはエイヤーーッで植込み完了にしちゃうケースが多いような気がします。(ホホホ、経験不足で余裕ないんです。)でも茂ってくると案外良い感じになってくれる事もあり、そんな時は『何事も案ずるより産むが易しなのね~』と考え過ぎだったことをちょっと反省。そしてこれって日々の生活の中でも同じ事だなーと庭いじり通して学ぶ事がいろいろあって、ほんと良いなあと思います。

≪photo ≫ 

葉っぱとカエル
かえる

何考えてるの?
(今年は何故か庭でたくさんカエルを見かけます。カエルの多い年って何かあるのかな?といろいろ検索しましたが残念ながらおもしろそうな話は見つける事はできませんでした。)

ミセバヤの葉っぱ
ミセバヤ


ギボウシの蕾
ギボウシ

リコール

ヤ○セ

私の愛車がリコールになりました。
写真のベンツでは当然ありません、私のはもう日本市場撤退してしまったオペル車です。そしてその連絡が来る1週間程前にそのリコール内容が原因で山口市は佐山の大きな交差点で立往生してしまっていたのです。トランスミッションの何とかの不具合でオイルがドバーっつと出て車が急に動かなくなり大変な思いをしました。ついでに最近、近所のお庭散策の途中に縁石に乗り上げてしまいドアの下の横長のカバー(名前が分かりません)が外れてしまったので早速ヤ○セへ、、、。結局、以前の修理代は全額ではありませんがほぼ返金して頂けるとの事で今回はオツリのくる計算になりました。不幸中の幸いでした。でも最近メーカー関わらずリコールが多いですね。マキちゃんも大丈夫だったかな?

個性って

せんにちこう

白いお花は大好きです。
これは白の千日紅ですが甕が何個かくっついた形の鉢に白のバーベナやバコパ等と一緒に植えています。自分としてはやっぱりこういう地味~な色合わせがしっくりきます。これからの季節に涼しげな感じでよいと思うのですが、実はかわいらしい感じも好きで見るとスゴイっ、素敵~と思ってしまいます。でもいざ自分の庭となるダメです。ついつい地味な感じにしてしまうのはたぶん私自身が地味であんまりかわいい性格してないからだーーっと最近気づきました(笑)。お洋服と一緒ですね。ちなみにパッチワークなどカワイイの大好きな妹の家は姉の私が言うのもなんですがイングリッシュガーデン風で結構いい感じにしてあります。郵便屋さんやガス屋さんが『この辺じゃ○○さん家が一番頑張ちょるね~!!(山口弁)』などと褒めて下さるそうです。そう考えるとやっぱり人の性格や個性ってどうしてもにじみでちゃうもんなんですね。だからおもしろいんですけど。

時期はずれの種撒き



日本の在来種の野草の種子を扱う大阪のごまのはぐささんからお譲り頂いたので少し遅かったのですが5/21に野草の種撒きをしました。
育ててみたかったヤマホタルブクロやマツムシソウ等々です。
園芸種と違って野草はそもそも発芽率も悪いそうで取り撒きが基本らしく心配しましたが結構な高率で発芽してくれました。しかし、やった~と思っていたのもつかの間、最近たくさん発芽していたヤマホタルブクロ2ポットのうち1ポットの方の芽がおととい気がついたら無くなっていました、、、。ナゼナゼ?原因は不明です。ナメちゃんにやられてしまったのか、、とりあえずもう1ポットの方は今のところ順調そうなので、このまま頑張ってくれるといいな~と思っています。やってみて思うのですがこういう植物達との関わり、プロセスがあって自分のお庭に対しての愛着も深くなっていくんですね。あれっ、これって何でも一緒ですね。ではまた~

流木とプルンバコ

007_20080204230937.jpg

玄関先のプルンバコ。
以前植えていたものが絶えてしまったので去年改めて植えたものです。だいぶ咲き出してくれました。花色が涼しげでいいなと思います。
軒下なので雨の中なんとかお花が持ちこたえてくれているのがさらによいですね♪流木とプルンバコ、いい感じになってくれました。

雨の中 母のバラ

002_20080204230917.jpg

とうとう梅雨入りしました。
春から雨がちっとも降らなかったので庭の植物達には恵みの雨になってますが、咲いているお花達はヨレ~、ダラ~っとかわいそうな状態です。
そんな中キレイに咲いてくれている数少ない花の一つがこのピンクのバラ。
名前も無いバラですが、母方の祖母の家に昔々からあるものを母が挿し木して大事にずっと育てています。
他のバラ達が次々に病気になる中あまり病気もせず沢山の2番花もこうして咲かせてくれています。
我家も何本かバラはありますが母担当なので私はほとんどお世話していません、水遣り程度です。消毒や肥料なんかは全て母がやってくれています。そしてそのせっかくのバラ達が引き立つようバラコーナーをカワイクまとめたいのですが他とのバランスもあり残念ながら上手く行ってません。ほんと何とかしたいです。

びわ温灸と今日の晩ごはん

タコ

今日は毎週通っているビワ温灸の日でした。
身体にビワのエキスを塗って温灸してもらうのですが、気持ちいいんですヨ。あんまり気持ち良くって毎回お布団の上で半分はグーグー寝てしまっています。
個人宅でされてるのですが広いお庭もさる事ながら、家の中も上手に生けられたお花でいっぱいなので毎週楽しみに通っています。
さて前置きが長くなりましたが、今日はちょうどその施術中に先生のお友達が取れたて茹でたての『タコ』を届けて下さって、なんと我家にもお裾分をして頂きました。(先生、ありがとうございます!大変美味でしたヨ~♪)
ちなみに写真右のチシャは我庭のプランターで育てているものです。
多肉や葉っぱものの鉢の横で違和感無いよう育って頂いてます。
やっぱり新鮮なチシャはおいしいですね。写真と盛付けがイマイチでしたが、本日の晩御飯のご紹介でした~。

早く大きくな~れ

ウオータークローバー

先日、妹からちょこっと分けてもらったウォータークローバー。
ご覧のとおり倍以上に増えてくれました。
本来は腰水栽培した方がよいらしいのですが水生植物も水持ちのよい赤玉土や田土で水切れさえ注意すれば鉢でも結構元気に育ってくれるので我家ではご覧のとおりの状態で育てています。
早く鉢いっぱいに茂ってほしいな♪。

Top|Next »

HOME

ふーみん

Author:ふーみん
一昨年6/12にブログデビューして、あっと言う間に二年が経ちそうです。
山口県在住で庭いじりが趣味です。どちらかというと地味好み、和物に癒されます。


-天気予報コム- -FC2-

この人とブロともになる

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Google

WWW検索 ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
EntryBody a img{width:216px; height:170px;}